髪の毛を太くする

髪の毛を太くする育毛剤とは!?

髪の毛を太くする育毛剤について

 

 

髪の毛を太くする悩み

 

 

     

  • 髪の毛が少なくなってきた…
  •  

  • 抜け毛が増えてきた…
  •  

  • コシがなくなってきた…
  •  


 

などなど、髪の毛に関する悩みは誰もが抱えています。
抜け毛や薄毛対策ときくと、”髪の毛を生やす”と考えがちですが、その前にやることがあるんです!

 

まずは、”今生えている髪の毛を太くする”ということとです。

 

薄毛、抜け毛予防を徹底することで、より確実に育毛・発毛をすることができるのです!

 

髪の毛を太くするためには

薄毛、抜け毛予防といえば、育毛剤!
当サイトでは、人気の育毛剤をおすすめランキングでご紹介!
ご自身の予算やニーズにあわせて選んでみてくださいね。

髪の毛を太くする育毛剤ランキング!

髪の毛を太くする第1位チャップアップ

チャップアップ チャップアップは、様々な原因による薄毛に対して効果が高いと評判の育毛剤です。

年齢、性別を問わず多くの方に支持されています。
頭皮環境を整え、今生えている髪の毛を太くする、薄毛、抜け毛予防としても効果的です!

 

おすすめポイント!

  • 30日間の返金保証で安心!
  • 高い育毛効果が評判!
  • 天然成分を多く含んだ育毛成分を豊富に配合!

 

髪の毛を太くする第2位WAKA

waka WAKAは、水を一滴も使わない育毛剤!

生薬100%だからこそより高い育毛効果を実感することができます。
薄毛だけでなく、フケやかゆみなどにも効果があると、口コミで話題の育毛剤です。

 

おすすめポイント!

  • 生薬100%で作られた天然の育毛剤!
  • 厚生労働省にも認められた育毛効果!
  • 90日間の返金保証制度あり!

 

髪の毛を太くする第3位プランテル

プランテル プランテルは、M字はげ専用に開発された育毛剤です!

効果の的を絞ることで、より高い育毛効果が発揮されます。
薄毛や抜け毛だけではなく、様々な頭皮の悩みに効果があります。

 

おすすめポイント!

  • M字型はげ専用の育毛剤!
  • 定期コースならお得に続けられる!
  • 返金保証ではじめての方も安心!

 

髪の毛を太くする方法〜食べ物編〜

髪の毛を太くするためには

「最近髪の毛にコシがなくなってきたな」などと悩んでいる人は多いと思います。
加齢や生活習慣の乱れなど髪の毛にコシやハリを感じなくなってきた場合、育毛剤などと並行して日々の食生活にひと工夫を加えることで以前の髪のコシを甦らせることができるかもしれません。

 

食生活で髪の毛を太くする方法としてぜひ摂取したい栄養素はズバリ「タンパク質」です。
タンパク質は健康な髪の毛を作るためには必須の栄養素であり、肉類や魚類、大豆製品に含まれているので積極的に摂取したいです。

 

しかし肉類や魚類は髪にはよい良質なタンパク質でありながらも食べ過ぎると栄養が偏って体調不良を引き起こしかねないため、他の栄養素とバランスよく摂取することが重要です。
更にタンパク質の生成を促す「ビタミンB6」や新陳代謝を促進する「ビタミンE」の摂取も重要であり、これらはナッツ類や卵に多く含まれています。

髪の毛を太くするためにバランスの良い食事を食べる

 

これらの栄養素を摂るために神経質になりすぎてもいけませんが、バランスのよい野菜中心の和食を食べることを心掛けることをおすすめします。

 

また食事とともにサプリメントを利用する場合、効果を期待するあまりに必要以上に飲み過ぎてしまうと体に害にもなりますので使用方法を守るようにしましょう。

髪の毛を太くする方法〜ヘアケア編〜

以前と比べて髪にハリとコシを感じなくなってきた人は多いと思います。

 

髪の毛を太くするためのヘアケア

髪にコシがなくなる原因は加齢、遺伝、性ホルモンなど様々ですが、中でも原因の1つに「間違ったヘアケア」をしていることが考えられ、髪の毛を太くする方法として毎日の洗髪を見直してみるのもいいかもしれません。
頭皮の血行が悪いと髪の先まで栄養が行き渡らずに髪がだんだん細くなっていくため、シャンプーの際に頭皮をマッサージしながら行うと血行促進効果が期待できます。
シャンプーやリンスが頭皮に残っていると毛穴が詰まって髪が細くなり、抜ける原因になるためぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。

 

髪の毛を太くするにはストレスをなくす

パーマやヘアカラーは髪を傷める原因になりますので両方行う場合には日を開けることが望ましいです。
そして紫外線はお肌だけでなく髪にもよくないので、できるだけ帽子や日傘で頭を守るようにしましょう。

 

また長い間同じ髪型の人や、分け目を同じ場所にしている人は頭皮に負担がかかっている可能性があります。
イメージチェンジのためにも時には髪型を変えてみるのもいいかもしれません。

 

そしてストレスもよくないので自分が打ち込めることを見つけて一日数分でもストレスを発散できる時間を作るようにしましょう。

 

>>ランキングはこちら!